ブログ

大阪で出張買い取りなら買取EBISU買取ブログ新着情報【寛永通宝】正しい価値を付けれないと正しい査定もできません!

【寛永通宝】正しい価値を付けれないと正しい査定もできません!

皆様は寛永通宝という言葉を聞いた事はあるでしょうか?

穴銭古銭と言えば寛永通宝と言われるくらいイメージしやすい物です!

 

昔のお金としてイメージされやすいのがこちらです!

 

意外に実家などに残ってるんでだよね〜という方も多くて

まだまだ目にすることのできるお金の一つです!

 

今の日本ではお金として使う事はできませんが

それをお金に変える事はできます。

 

ですが寛永通宝と言っても種類はたくさんあります。

どれが価値があるのか?

逆にこれはあんまりなのか?

 

そんな寛永通宝の価値を皆様にお伝えできればと思います!

 

 

 

寛永通宝(かんえいつうほう

江戸時代から明治の初期までの約240年間、庶民の通貨として使われ続けた江戸時代の代表的通貨が寛永通宝です。

寛永通宝には古寛永と呼ばれるものと新寛永と呼ばれる物があります。

古寛永とは1659年まで鋳造された寛永通宝の事でその後しばらく鋳造をしていない期間があり、新たに1668年から鋳造が再開されました。

以降の物が新寛永と呼ばれています。

一言で寛永通宝と言っても素材も真鍮など様々でその種類も数百種類に上るとも言われています

 

銅一文銭鉄一文銭鉄四文銭真鍮四文銭などがあります。

 

 

寛永通宝の価値は長い間使われていた通貨の為、流通量も多く他の古銭に比べると希少性は低く、価値が高いものはそれほどありません。

 

一般的に見かける寛永通宝の相場は50円〜100円と言われていて古い硬貨の割にはかなり低い相場になっています。

ですが、あまり出てこない珍しい寛永通宝で状態もよければ、1万円以上の値段が付く物もあります。

その場合、希少性の高さがポイントになってくるので、ちゃんと古銭の知識を持っている買取業者を探す必要があります

 

知識のない業者に頼むと、相場の50円〜100円×枚数で全て買い取られてしまい中に希少価値の高い寛永通宝がまざっていても気づかずに損をしてしまう場合があるので

売却する時はしっかりと買取業者を選びましょう。

 

二水泳島屋文などの希少性の高い寛永通宝は数万円以上の価値が付く場合もありますよ!


EBISUではベテランの査定員が在籍しております。

古銭についても勉強し続けている査定員がおります。

 

日々、正しい知識を皆様にお伝えできるように学び続けているので

なんでもお答えする事が可能です!

 

こちらの寛永通宝など古銭古い物は価値をつけるのがとても難しいです!

なのでちゃんとした知識や見る目を持ってないと正しい価値をつけてもらう事ができません…

 

 

せっかく良い物なのに価値をつける事ができなかったら悔しいですよね!

 

弊社EBISUではそんな事が絶対に起きないように徹底しております!

 

正しい物に正しく新たな価値をつける事を目指しておりますので

お客様に納得していただけるように日々、精進しております!

 

買取に関しては無理な買取などは絶対にいたしません!

お約束いたします!

 

もし不明な点などありましたらお気軽にご連絡ください!

 

↓買取EBISUへの問い合わせ方法はこちら↓

 

【電話】

tel:0120-610-500

 

【LINE】

友だち追加

※今なら友達追加してもらうと不用品回収のお得なクーポンがついてくる!

 

 

↓EBISUではインスタグラムもやっているよ↓

Instagram

 

お客様との出会いに感謝する気持ちとお客様にとって
我々の出会いが良い方向性に 向かう様にと願いを込めています。
お客様のお悩みやご要望に対して
我々がその役割を一つでも叶える事が 出来る様にと想いを込めております。

シンボルとしての EBISU から信念としての EBISU へ

 

↓前回のブログ↓

ただの紙切れだと思わないで!それはお宝かもしれません!

 

 

↓買取実績↓

買取実績

 

↓お客様の声↓

お客様の声

お問い合わせ

お見積りのご相談などお気軽にお問い合わせください

で査定